痛風 発作 痛み お風呂の入り方

痛風発作の痛みがあるときのお風呂の入り方

風呂に入って一日の汗を流す。

 

実はこれほど風呂を愛しているのは日本ぐらいなそうです。

 

日本は、高温多湿の期間と低温低湿の期間があるため入浴することはとても大切なこと。

 

だからこそ風呂の入り方や風呂の水質を気にするのです。

 

 

さて、入浴は病気をしているときにはあまり入らないほうがいいと言われます。

 

痛風という病気が中年の間で広がっていますが、痛風発作が出たとき痛みがある中お風呂に入っていいか?

 

わからないという人も多いことと思います。

 

痛風の発作が出て痛みがあるときの風呂の入り方について調べてみました。

 

 

まず、熱い風呂や長時間の入浴はやめましょう。

 

時々43度とか45度ぐらいの熱湯に入る人がいます。

 

しかしこれは危険です。

 

理由は痛風を持っている人の中には高血圧を持っているひとが多いからです。

 

高血圧の時に心臓に負担のかかる風呂の入り方をすると、余計に痛風発作の痛みがひどくなります。

 

 

お酒を飲んだ後にお風呂に入っていいか?

 

気になる人が多いと思います。

 

実はこれもおすすめできません。

 

 

お酒は体に負担をかける飲み物です。

 

負担がかかっているのにお風呂に入ると余計に体に負担がかかり、いつもよりも痛風発作が出やすくなります。

 

痛風を持っている人はお風呂に入る時には十分気をつけておきましょう。

 

 

お風呂の入り方は気をつけるだけで体に優しくすることができます。

 

日頃の生活の中の楽しみである入浴も、心身ともに楽しみたいものですね!

 

今晩のお風呂から試してみてはいかがでしょうか。

痛風の総合情報

<スポンサードリンク>

痛風発作の痛みがあるときのお風呂の入り方関連ページ

痛風の市販痛み止めは?
痛風に痛みを和らげる痛み止め市販薬はあるのか?について解説します。
ロキソニンの効果は?
痛風の痛み止めとしてお医者さんから処方されるお薬 ロキソニンの効果について解説します。
漢方薬による治療・予防
痛風 漢方薬による治療・予防についての情報を掲載しています。
尿酸値を下げる食べ物
痛風予防に効果のある食事 いわゆる尿酸値を下げる効果のある食べ物について解説します
タバコを吸っている人の方が少ないの?
痛風とタバコの関係について、タバコを吸っている人のほうが痛風が少ないという統計をスタンフォード大学の研究者が発表しましたが、タバコを吸っている男性と吸っていない男性で比較した結果だそうです。

トップページ 原因と初期症状 痛風の症状 痛風の治療 食べ物・飲み物 痛風Tips 痛風と糖尿病の関係