痛風 尿酸値

痛風の痛み止め ロキソニンの効果は?

いろいろな薬が世の中に出回っています。

 

日本の中で流通している薬を数え上げるだけで2万品目もあります。

 

 

その中には、私たちが気軽に購入できる「市販薬」と医師からしか購入できない「処方薬」があります。

 

痛風発作の痛みを止めるために使われる薬の「ロキソニン」は処方薬です。

 

ロキソニンとはどのような薬なのでしょうか。

 

またロキソニンの効果はどのようなものなのでしょうか。

 

 

これは、「消炎鎮痛剤」と呼ばれるタイプの薬です。

 

難しい名前ですが、簡単に説明したいと思います。

 

 

痛風は、尿酸という成分が足の指の付け根の当たりの関節にとげとげの結晶になって集まる病気のことです。

 

それゆえ、とげとげが神経に触れて炎症を起こしてしまい赤く腫れ上がり、痛みがひどくなるのです。

 

痛風発作は一度なると忘れられないぐらい痛いと言われています。

 

 

そこで、この消炎鎮痛剤を使うのです。

 

消炎は「炎症を消す」という意味です。

 

痛風を起こしているところの炎症を消すことで痛みを鎮めましょう。

 

そういう意味でロキソニンのような消炎鎮痛剤が使われています。

 

 

ロキソニンの効果は痛みを止めるのに非常に強い効果をもっています。

 

残念ながらロキソニンは効果が強い分「副作用」も多い薬です。

 

吐き気や、めまいなど普通に暮らすのに支障をきたすものもあります。

 

しかし、飲んだから確実に副作用になることではありません。

 

もしもなってしまったら医師のところへ行き相談してみましょう。

 

 

私たちの体を治してくれる薬。

 

いろいろなものがありますが、飲むものですから少しでも知識を持っておきたいですね!

 

薬の説明はしっかり聞くようにしましょう。

痛風の総合情報

<スポンサードリンク>

痛風の痛み止め ロキソニンの効果は?関連ページ

痛風の市販痛み止めは?
痛風に痛みを和らげる痛み止め市販薬はあるのか?について解説します。
漢方薬による治療・予防
痛風 漢方薬による治療・予防についての情報を掲載しています。
尿酸値を下げる食べ物
痛風予防に効果のある食事 いわゆる尿酸値を下げる効果のある食べ物について解説します
お風呂の入り方
痛風発作の痛みがあるときのお風呂の入り方やそもそもお風呂に入ってよいのか解説します。
タバコを吸っている人の方が少ないの?
痛風とタバコの関係について、タバコを吸っている人のほうが痛風が少ないという統計をスタンフォード大学の研究者が発表しましたが、タバコを吸っている男性と吸っていない男性で比較した結果だそうです。

トップページ 原因と初期症状 痛風の症状 痛風の治療 食べ物・飲み物 痛風Tips 痛風と糖尿病の関係