痛風 わさび

痛風にわさびがいいって本当なの?

痛風の対策として取られている方針は、総カロリーのコントロールとプリン体の制限、アルカリ性の食品の摂取という3点ですが、ではアルカリ性の食品にはどんなものがあるのか、と疑問になりますね。

 

やはりほとんどは豆類、野菜類で、特に青菜と言われるものが多いです。

 

アブラナ科のものなどはほとんど含まれますし、ネギ類も体に良いですね。

 

瓜や根菜もバッチリです。

 

野菜をうまく調理して食べていれば、ほとんど問題はないでしょう。

 

 

野菜は特にアルカリ性のものがたくさんありますが、中でも調味料や薬味として知られるさんしょ、わさび、トウガラシ、生姜なども軒並みアルカリ性食品に挙げられています

 

でもここだけを見て、例えば大好きなレバーにわさびを付けて食べれば痛風にならないだろうと都合良く思うのは、少々無理な話です。

 

薬味はそれだけで効果を現すほど大量に食べるものではありませんし、もしそんな少量で体の成分数値を変えてしまうほどの作用があったら、それは逆に大変な問題です。

 

すでに精製された薬と同レベルになってしまいますので、わさびが医薬品になってしまいますね。

 

だからと言ってわさびばかりを大量摂取したところで良い結果は出ないでしょう。

 

 

体に良い食品と言うのは、長い長い年月をかけて少しずつ体を構成している細胞を良い方へ傾けていく力があるということです。

 

野菜をしっかり食べて、それが美味しいと自然に感じられるようになった頃には、おそらく体重も体型も尿酸値も正常範囲に戻っていると思いますよ。

痛風の総合情報

<スポンサードリンク>

痛風にわさびがいいって本当なの?関連ページ

痛風に良い食べ物
痛風に良い食べ物について解説します。基本的にはアルカリ性の食べ物がよいですね!
食べてはいけないもの
痛風の人が食べてはいけないものを解説します。「プリン体」が多い食べ物を食べないということが大切ですね!
アルコールは大丈夫?
痛風にアルコール(日本酒、焼酎、ビール、ワイン)は大丈夫か解説します。
痛風を和らげる効果
痛風を和らげる効果がある食べ物、飲み物をご紹介します。「ポリフェノール」という成分が含まれているもの中でもコーヒー、チョコレートがよいといわれています。
納豆や豆腐は本当に良くない?
大豆製品にはプリン体が多く含まれていますが、本当に痛風によくないのか解説します。
痛風予防 バランスとプリン体
痛風を予防するための食事について解説します。特に大事なことはバランスよい食事をすることと、日ごろからプリン体が多く含まれているものの摂取を控えるということです。
白子・ブロッコリーはよくない?
痛風によくない食事について解説します。白子やブロッコリーは良くないのか?についての情報を掲載しています。
痛風にアルカリイオン水が良いって本当?
痛風にアルカリイオン水がいいという話を耳にしますが、これはアルカリイオン水を飲むことで体をアルカリ性にしようというのではなく、利尿作用で排泄を促そうという目的のようです。
痛風の発症後にビタミンCは効果がない?
痛風の予防にビタミンCの摂取がいいという話はありますが、発作を起こしてしまった後には効果がないという研究が発表されています。ビタミンCだけではなく、バランスの取れた食生活が必要なようです。
痛風に豚肉の部位には要注意!
痛風にプリン体は要注意とされていますが、豚肉の中でもロースはプリン体が多いので避けるべきでしょう。豚肉であれば、脂身を取ったもも肉などを使うと良いでしょう。ただ油で揚げないようにしましょう。

トップページ 原因と初期症状 痛風の症状 痛風の治療 食べ物・飲み物 痛風Tips 痛風と糖尿病の関係