痛風 初期症状 足の裏 足の指 足の甲

痛風の初期症状は主に足(足の裏、足の指、足の甲)

病気になるというのは辛いものです。

 

私は子供の頃病気がちでしたから、入院したり退院したり、ひどい時には手術まで受けました。

 

しかし、年を重ねることによって徐々にそうしたことも無くなり今では元気に過ごすことができています。

 

亡き両親もよろこんでいることでしょう。

 

 

さて、病気はすべての世代に共通した悩みです。

 

特に、年をとると体のあちこちにやってくる病気は防ぎようがありません。

 

でも、最初の判断を間違えなければ病気を軽くしたり、防ぐこともできます。

 

そのためには初期症状を見逃さないことが大切です。

 

中高年の男性に悩みが多いと言われている「痛風」の初期症状について調べてみましょう。

 

 

痛風とは、風が吹くだけで痛いといわれるほど「痛み」が強い病気です。

 

この病気は血液の中に「尿酸」と呼ばれる成分が含まれていることに原因があります。

 

 

普通は尿酸は、尿や便によって体の外に出ていきます。

 

しかし、尿酸が多すぎると尿酸が反応を起こして、とげとげの結晶になります。

 

その結晶が、足の裏・足の指、特に足の親指の付け根、足の甲に集まります。

 

 

痛みよりも前に腫れが出てきます。

 

これは尿酸の結晶が周りの神経を刺激するからです。

 

そしてある日突然真っ赤に腫れあがり「痛い!」と叫ぶのです。

 

 

痛風の初期症状は初期症状は足の裏・足の指・足の甲と足に現れます。

 

日頃から足に気をつけて見ていると、どこかがおかしいということがわかります。

 

それを見極めて痛風が軽いうちに治すようにしていきましょう。

痛風の総合情報

<スポンサードリンク>

痛風の初期症状は主に足(足の裏、足の指、足の甲)関連ページ

初期症状と食べ物
痛風の初期症状と原因となる食べ物について解説します。
原因 は腸や腎臓にもある!
痛風の原因は腸や腎臓にもあります。理由は「体内の毒素の排出」にあります!
女性でも痛風になるの?
痛風の初期症状についての情報と、女性に痛風が少ない理由について解説します。
痛風の初期症状は手にも!
痛風の初期症状は手にもでます!その後ほおって置くと徐々に足首・ひざ・かかとへと広がっていきます!
通風は本当に遺伝するの?
通風は本当に遺伝するのか?なぜ遺伝するのか?について解説します。
痛風の予兆ってどんな感じなの?
痛風は突発的に起きる痛みが特徴で、かなりの激痛があります。何度か経験している人は、なんとなく発作が起こる予兆がわかるといいますが、予兆と思われるものは人によって感覚が違います。

トップページ 原因と初期症状 痛風の症状 痛風の治療 食べ物・飲み物 痛風Tips 痛風と糖尿病の関係