痛風 尿酸値 糖尿病 初期症状 予防

痛風ってなに?

健康に暮らせることはとても嬉しいことです。
病気をしたり、けがをするとそうした生活がどれだけありがたい事かということがよくわかりますね!

 

私の父は、割と病気には強い人でしたが度々「痛風で痛い!」と叫んでいたことがありました。
子供ながらに生活習慣を改善すれば良いのに!となんども思いましたが痛風とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

痛風とは、読んで字のごとく風が吹くだけで痛くなるといわれている病です。
もっとも、痛み始めると間断なく痛むのでそう感じた人がいたのでしょう。

 

痛風は突然やってきます。
ある日普通に生活していると足の親指を中心に赤く腫れ激痛がやってきます。
痛みを例えますと、ゾウや車のように重いものに踏み潰されたような痛みと言われています。
この痛みは医学的に「痛風発作」とよばれています。

 

ただ、その痛みはいつまでも続くわけではなく、1週間もあれば治ってしまいます。
そうすると痛風が治ったと勘違いしてしまい、もとの生活習慣を続けてしまいます。

 

痛風は発作がなくなったからと言って治ったわけではありません。
半年や1年後ぐらいに、いわば忘れた頃にやってきます。
今度は足の親指の周りだけでなくくるぶしのあたりや膝の下にまで腫れが広がっていきます。

 

痛風は男性がかかりやすい病気ですが中には女性もかかってしまうことがあります。
日頃の生活習慣に気をつけて体にやさしい生活を送ることが大切ですね!

痛風ってどんな症状 男性と女性の症状・原因の違い

日頃から健康に気をつけて生活をすることはとても大切な事です。
いつも病気をしていたり、ケガをしていると患っている本人も苦労しますし、周りから見る人も心配でなりません。

 

実は私も子供の頃から父の姿を見ていると心配でなりませんでした。
それは「痛風」です。
痛風は痛い風と書きますが、一体どのような症状があるのでしょうか。
また、原因は一体なんなのでしょうか。
痛風について考えていきたいと思います。

 

まず、痛風の症状はどのようなものでしょうか。
痛風は主に「痛風発作」と呼ばれる症状があらわれます。
発作という言葉からおわかりいただけるように、いきなり起きます。

 

先ほど、私の父の話を出しましたが父もある日突然起きた途端に「痛い!」と叫んでいました。
それほど突然やってくるので生活習慣が悪いと防ぐことはできません。
症状として、足の親指の周りが赤く腫れ激痛が襲います。

 

では、原因はなんなのでしょう。
これには、血の中に含まれる「尿酸」という成分が関係しています。

 

普通、血の中には尿酸が少し含まれています。
少しの量ですと、いずれは尿で体の外に出ていきます。
しかし、尿酸の量を増やす食べ物を食べたり、運動をしなかったりするとどんどん尿酸が血の中に溜まってしまい痛風発作が出てしまうのです。

 

女性も発症する人がいますが原因はほぼ同じです。
ですが、女性は男性よりも血の中の尿酸が少ないのでなりにくいのです。

 

日頃から食生活に気をつけたり運動をするようにすれば痛風も逃げていきます。
しっかりとした生活をすることが大切ですね!

 

※※ 関連サイト ※※
偽痛風についての関連サイトです。
偽痛風の原因や治療法・市販薬などの情報が掲載されています。

 

⇒ 偽痛風Navi 原因や治療法・市販薬などの情報を掲載!

 

 

なお、当サイトでは記載の内容・効果について補償するものではありません。
痛風の治療は医師の指示の元、正しく行いましょう!

痛風の総合情報

<スポンサードリンク>


トップページ 原因と初期症状 痛風の症状 痛風の治療 食べ物・飲み物 痛風Tips 痛風と糖尿病の関係